技術系公務員

【退職体験談】私が技術系公務員を辞めたい理由

 

技術系公務員として働いていましたが、退職しました。

この記事では、公務員を辞めた理由を書いていきたいと思います。

 

公務員の技術職と事務職(行政職)の違いを解説!年収や出世に差はある? こんにちは。去年まで地方公務員の技術職として働いていました。 今回は、「公務員の技術系と事務系との違い」について紹...

技術系公務員の概要については、こちらの記事で紹介しました。

 

一部の若手が無能職員の尻拭いをしなければならない

辞めた理由は「無能な職員の尻拭いをする働き方が嫌になった」からです。

 

公務員には、民間ではお目にかかれないような「仕事ができない・やらない職員」が多数います。

特に中堅以上の社員に多く、私の職場も例外ではありませんでした。

 

彼らは、仕事をせず、自分の業務であっても平気で投げ出します。

そんな仕事を、誰かが代わりにやらなければなりません。

 

真面目で仕事ができる若手」がその尻拭いをすることになります。

 

私は「尻拭いをさせられる側」として、理不尽な環境に置かれていました。

自分の仕事に加え、他人の担当業務を押し付けられながら、毎日遅くまで残業していました。

そんな中、係長はじめ仕事を放棄した先輩たちは、定時で帰っていきます。

 

そんなことが、結構な頻度でありました。

仕事ができない・やらない人が得をし、真面目に頑張る人が損をする

そんな環境で、だんだんと仕事に嫌気がさしてきました。

 

そしてある日を境に、急に糸が切れたように仕事に対するモチベーションがなくなってしまいました。

やる気がない状態で仕事をするというのは想像以上に辛く、苦しいものでした。

 

そういうわけで、技術系公務員を退職することにしました。

 

ちなみに、残業代は支払われませんでした。

「他の職員が定時で帰っているのに、君にだけ残業代を出すわけにいかない」

そう、言われました(今思い出してもかなり理不尽です)

 

「頑張る若手が損をする」は公務員の世界では茶飯事

こういったエピソードは、私の職場にとどまりません。

実際に同じような話は「公務員ではよくあること」なのです。

 

実際、私の同期でも同じような被害にあっている人がいます。

5chにも、以下のような公務員に対する愚痴がチラホラ見られます。

 

現実は民間じゃやってけないクソの面倒を
真面目なやつか若手が尻拭いさせられてるだけ
事務屋の方が倍率高い分優秀

【技術系】機械職・電気職【公務員】Part2

 

真面目で優秀な若手が損をする」という構造は、どこも変わらないようです。

 

公務員に「仕事をしない・できない職員」が生まれる訳

どうして公務員では「仕事ができない・やらない職員」が多いのでしょうか。

色々な理由が考えられますが、主に以下のようなものだと思います。

 

①仕事を頑張ったところで、評価は変わらない(お給料が上がらない)

②民間でやっていく能力がないから公務員になる人が多い

 

①についてですが、公務員の給与・出世ほぼ年功序列で決まります。

能力が高い・仕事を頑張っているなどの要素はあまり考慮されません。

 

仕事を頑張っても、自分にあまり利益はない

そんな環境で、意欲的に業務に励むのはなかなか難しいでしょう。

 

人間は、楽な方へ流されてしまう生き物です。

仕事ができない人間は、できるように頑張るという気になりません。

やる気があって頑張っていた職員も、だんだんと意欲がなくなっていきます。

 

②については、特に技術系公務員に関してこの傾向があります。

技術系公務員になる理系の方は文系に比べると就職(転職)はさほど難しくありません。

 

そんな中、公務員になる人は何らかの理由がある人が多いです。

 

もちろん「地元で働きたいから」という人も中にはいます。

しかし「民間でやっていけないから、楽な公務員を選んだ」といった理由で公務員になる人も一定数いるのです。

(一般的に「公務員=仕事が楽」というイメージがあるためです)

 

そういった理由で、公務員は「仕事ができない」人が集まりやすい構造になっています。

 

以上2つの理由で、公務員は「仕事ができない・やらない職員」を多く抱えてしまっていると考えられます。

 

終わりに ー サービス残業がきついので辞めたい

技術系公務員を辞めた理由について書きました。

 

「仕事をやらない・できない人間が得をする」という環境で、働く意欲がなくなってしまいました。

やる気がない状態で仕事をするというのは想像以上に辛く、退職することにしました。

 

人並みに仕事ができる自覚のある方は、民間企業で働くことをおすすめします。