公務員試験

【電気職】公務員技術職(理系公務員)の専門試験の勉強方法を解説

 

こんにちは。Kenjiです。

前回の記事に続いて、今回は「公務員試験の電気職の専門試験の勉強方法」を解説していきます。

 

公務員技術職(理系公務員)の試験勉強法を解説【特別区+都庁を中心に】 「技術系公務員の勉強方法の解説」がネット上にあまりにも少ないことが気がかりでした。 そういうわけで、これから受験を考えてい...

教養試験、論文試験の対策についてはこちらの記事をご覧ください。

 

電気の専門試験の勉強方法は?電検三種の参考書?

電気の専門試験に関しては、電検三種の勉強がそのまま試験対策につながります。

したがって、勉強も電検の参考書を使うのがセオリーです。

 

電検三種は全部で4科目ありますが、法規に関してはまず出題されないので、勉強しなくとも大丈夫です。

優先順位は「理論>機械>電力」になります。

 

よく「都庁・特別区の電気専門は理論分野だけ勉強しておけばよい

という言葉を耳にしますが、近年はそうでもないです。

 

具体例を挙げると、H30年の都庁・特別区の試験では機械分野の出題範囲が増えました。

理論だけの勉強では、全体の5割も点数が取れません。

したがって、可能な限り機械・電力分野の勉強もしておくべきです。

 

参考書は「みんなが欲しかった!シリーズ」が圧倒的におすすめ。

去年電検三種受験のためにこちらの参考書を購入したところ、とても分かり易かったです。

この参考書の問題を解けるようになれば、間違いなく合格点は取れます。

 

この参考書で物足りないという方は、「スーパー過去問ゼミ」をやっておけば万全です。

(ただし、少々オーバーワークだとは思います)

 

また、機械分野の「照明」や「電気化学」など、都庁・特別区の試験では出題されない単元もあります。

出題範囲は各自治体の募集要項で確認できますので、事前によくチェックしてください。

 

みんなが欲しかった! 電験三種 理論の教科書&問題集 第2版 (みんなが欲しかった! シリーズ)

みんなが欲しかった! 電験三種 機械の教科書&問題集 第2版 (みんなが欲しかった! シリーズ)

みんなが欲しかった! 電験三種 電力の教科書&問題集 第2版 (みんなが欲しかった! シリーズ)

 

終わりに

公務員試験の電気職の専門試験の勉強方法について書きました。

何かご質問等あればTwitter等で聞いていただけたらと思います。