ブラック企業

電力会社の新人研修はきつい!体育会系の理不尽な内容にドン引き【配電部門】

 

今年一杯で電力会社を退職予定のKenji(@kenji_3y)です。

入社後まもなくおこなわれた、電力会社の新人研修を紹介します。

 

電力会社の研修では、「軍隊・スパルタ」のような前時代的な指導がおこなわれています

大学院を卒業し社会人になり、まさかあのようなことをするとは夢にも思いませんでした。

 

そんな電力会社のきつい新人研修とはどのような内容なのでしょうか。

 

研修期間は相部屋の寮で泊まり込みの生活!

研修中は寮生活!楽しいよ!

研修期間中は、「研修センター」という施設で生活します。

泊まり込みで、2~3人の相部屋がそれぞれ割り振られます。

平日はずっと研修所に閉じ込められ、週末だけは帰宅が許されます。

 

配電部門一年目は、このような生活を半年近くにわたり強制されます。

相部屋でプライベートが存在せず、加えてインターネットやテレビなどの娯楽もありません。

 

絶対に嫌だ…

と、研修前は思っていたのですが

研修所での寮生活は、正直めちゃめちゃ楽しかったです!

 

研修後の自由時間に、

 

食堂に集まって、同期のみんなとお酒を飲んで騒いだり…

部屋に集まって、一緒に人狼ゲームやモンハンをして楽しんだり…

 

研修は正直いってクソでしたが、研修所での同期との生活はすごく楽しかったです。

それだけが救いでした。

 

研修初日!朝礼のラジオ体操で事件は起こった…

超れのラジオ体操から立ち込める暗雲

さて、いよいよ本日から研修が始まります。

研修期間中は、毎朝8時にグラウンドに集合し、全員で朝礼をおこなう決まりでした。

 

朝礼のはじめは、朝のラジオ体操からスタートします。

ラジオの音に合わせ、みんなが一斉に体操をはじめました。

 

すると、ラジオ体操の途中で、

お前ら!チンタラやってんじゃねーよ!

 

突然、後方から研修の指導員の怒鳴り声が聞こえてきました。

 

振り返ると、なにやら大声で叫んでいます。怒っています。

そして、その指導員は手に持っていた画板を地面に叩きつけました。

見間違いかと思って二度見しましたが、どうやら現実の光景のようです。

 

特に、個人でふざけて目立っていた研修生がいたわけではありません。

どうやら指導員は、全員に対して怒っているようでした。

 

初日の朝から、お説教が始まります。

どうやら指導員は、わたしたちの体操のやり方が違うことに対して怒っているようです。

具体的には、

 

 

手の動きに合わせて膝を屈伸する「手足の運動」という体操があります。

この体操では、腕を開いて膝を伸ばした絵の状態のとき、かかとを上げるそうです。

 

正直、どうでもいいと思いました。

でもなんだかめっちゃ怒っているので、取り合えず真面目にお説教を聞きます。

指導員の怒りが収まったところで、最初からのやり直しを命じられました。

 

その後も、ラジオ体操はすんなり終わってくれませんでした。

それぞれ体操の種類が変わるたび、

 

重心の位置が違えだろ!
指先をピンと伸ばせ!

 

など、こと細かに体操のやり方に対して指導が入ります。

その度に激しく怒鳴られ、最初からのやり直しを命じられます。

結局、初日朝から1時間以上ラジオ体操をする羽目になりました

 

これはとんでもない会社に来てしまった…

素直にそう思いました。

 

電力会社では正しいラジオ体操をすることがとても大切なようです。

 

座学でも続く理不尽な指導!正直おかしいよ

座学でも指導員は絶好調!

その後の座学でも、指導員の理不尽な指導は続きます。

 

しかし、こちらに非がある内容で怒られるのは、「まあ仕方がないよね」と思い割り切れます。

たとえば授業中の私語、予習をしない、テストの出来が悪い…、などがそれに当たります。

 

そういった場合はこちらも素直に反省できます。

ところが、怒られる意味が理解できないことが多く、納得がいきませんでした。

 

1つ例を挙げると、発表などで挙手をするとき、

・指先がピンと伸びていない

・肘が少しでも曲がっている

・右手ではなく左手が上がっている

このうち1つでも守れていないと、ものすごい勢いで怒られます。

そしてお決まりの、厳しいお説教が待っています。

 

挙手の姿勢と業務に、いったい何の関係があるのだろう

そう、思わずにはいられません。

 

この例にとどまらず、研修では、至る所に指導員が決めた意味のないルールが散りばめられています。

ルールといっても事前の説明はないので、最初はみんな知らずに地雷を踏みます。

その度に指導員は怒り、授業が中断します。

理不尽だと言わざるを得ません。

 

ただし、我々研修生もバカではないので、何をするとダメなのか、怒られるたびに学習していきます。

そういったこともあり、研修が進むにつれ、怒られる回数は段々と減っていきました。

 

意味のないルールでも、取り合えず守らなければならないのが電力会社の社風のようです。

 

研修中からサービス残業を強要!意味のないレポート

研修中は、カリキュラムの予習・復習は必須です。

 

提出が必要な課題を出されたり、抜き打ちでノートのチェックをされたりするので、やっていないとすぐにバレます。

見つかった場合はものすごい勢いで叱責されます。

反省文を書かされた人もいました。

 

ところで、カリキュラム中に予習・復習をする時間は与えられません。

つまり、業務後にやることを強制されます。残業代はもちろん出ません

 

そういうわけで、研修期間中は毎日2~3時間くらいサービス残業をしなければなりませんでした。

 

謎のカリキュラム「集団行動訓練」が超厳しかった!

団体行動訓練はきつかった!

研修の序盤で「集団行動訓練」というカリキュラムが三日間に渡って開催されます。

この日は、全員作業着を着て研修所内のグラウンドに集合するよう言われます。

 

集団行動訓練一日目ー一日がかりの声出し訓練

集団行動訓練の初日。

当日まで、われわれ研修生にこのカリキュラムの詳細は明かされませんでした。

 

一体どんなことをするんだろう?

そう、疑問に思いながら集合場所であるグラウンドに向かいます。

研修生全員が集合したところで、指導員から本日やることが告げられます。

 

今から一人ずつ「①所属②氏名③研修での抱負」を大声で宣誓しもらう!

 

ざわつく研修生たち。

仕方がないので、指示の通り、最初の一人がおそるおそる前に出てきます。

そして、グラウンドの向こう側へ向けて、大声で叫びます。

〇〇所属の〇〇です!予習復習をがんばります!
声が小さい!!やり直せ!!

 

すかさず怒鳴る指導員。

 

〇〇所属の〇〇です!予習復習をがんばります!
やり直し!!

 

いつまで続くんだこれ…

結局彼は、指導員からOKが出るまで、計10回くらいやり直しをさせられていました。

何度も大声を出したせいで、最後の方は声がかすれて見るも無残です。

 

このアホらしい宣誓を全員分やるのが、団体行動訓練初日の内容でした

 

これが体育会系か…

正直、引きました。

 

その後もみんな指導員から怒号を浴びながら、何度もやり直しを命じられます。

一発でオーケーをもらう人はいませんでした。

声が枯れるまで、繰り返し繰り返し、叫びます。

 

そして全員が終わった頃には、丁度良く終業時間になっていました。

 

こんなことをして一体何の意味があるんだろう

ずっと考えていました。

 

集団行動訓練二日目ーこの日が一番しんどかった!

集団行動訓練二日目。この日は大雨でした。

もちろん中止になるわけはなく、全員カッパを着てグラウンドに集合です。

前日同様に、指導員から本日やる内容が告げられます。

今日は礼式の基本動作をやってもらう!!

 

礼式の基本動作。

回れ右、右向け右、敬礼」など団体でおこなう動作をいうそうです。

そう、多くの人が小学校に入学したての頃、体育の授業で最初にやったアレです。

 

わたしたち研修生は、指導員がランダムで言う掛け声に合わせ、全員で指定の動作を素早くおこなわなければなりません。

実際やってみると、掛け声から動作までの間が短いので、かなり集中力が必要でした。

当然ながら、その中で遅れる人、間違う人が出てしまいます。

そういったミスをした人に対しては、ここぞとばかりに指導員が名指しで怒鳴りつけます。

 

やる気がないなら帰れ!!

 

そんな息の詰まる訓練を、丸一日やりました

 

最後に、終業30分前になって

 

全員が完璧にできたら今日は終わる!!

 

そう、指導員が言いました。

結局、何度やっても間違う人が出てしまい、30分サビ残をすることになりました。

 

思い返すと、この二日目が精神的にも肉体的にも一番辛かったです。

 

集団行動訓練三日目ーつらいカリキュラムも今日で最後!

厳しい訓練もいよいよ最終日です。

 

三日目は「団体行進」をしました。

1、2、1、2」の掛け声に合わせて並んで行進をするアレです。

 

訓練が進み、行進も中々様になってきました。

ここで、終業までの2時間を使って「発表会」なるイベントが大々的に開催されます

 

内容は、団体行動訓練でやった「礼式の基本動作」と「団体行進」を、会社の偉い人の前で披露するというものです。

このために、わざわざ本店から部長クラスの偉い人が数人、研修所に来ていました

 

こいつらはどれだけ暇なんだ…

そう、思わざるを得ません。

 

偉い人が来ていることもあり、発表時はかなり異様な雰囲気に包まれていました。

指導員も緊張からか、いつになくピリピリしているように見えます。

 

そんな雰囲気でしたが、みんなで力を合わせ、なんとか無事にやり切ることができました。

そして、部長から、

配電部長
配電部長
素晴らしい発表だった、感動した!

 

という薄っぺらいありがたいお言葉を頂戴しました。

みんな、謎の達成感に包まれています。

そんな光景を、冷めた目で見ていました。

 

で、これは仕事に何の関係があるの?

 

半年間の研修の最終日!バックれて転職した人もいたよ

ようやく、半年間の地獄の日々も終わりを迎えます。

最後に、これまで散々苦しめられた指導員から挨拶がありました。

 

厳しくしたけど、よく頑張ったな!!

 

それを聞いてすごく頷き、感動して涙する同期もいました

しかし自分は、何も感じませんでした。

 

とんでもない会社に入ってしまった。研修後もこんな感じだったらどうしよう…

そういったことで自分の頭の中はいっぱいでした。

(実際、研修後の職場はもっと酷い有様でした…)

 

大卒で電力会社に就職して後悔!電力マンはホワイトや勝ち組ではない【辞めたい】 自分のような人を出さないためにも…。 入社前のイメージは電力会社=楽、安泰、エリート はじめまして。現在某電力会社の...

研修後の職場はもっと酷かったです。詳しくはこちらの記事で紹介しています。

 

唯一良かったことは、研修を通して研修生同士の仲がすごく深まったことです。

指導員という共通の敵がいたお陰でしょう。

研修が終わると、同期は全員各地の営業所に散り散りになってしまうのですが、今でも定期的に連絡を取り合い遊んでいます。

 

ちなみに、この研修中に同期が一人バックれました。

土日に家に帰ったまま、月曜日からの研修に来ませんでした(そのまま退職しました

その後の営業所はもっと酷かったことを考えると、懸命な、極めて賢い判断だと思います。

 

終わりに

大学を卒業して社会人になり、こんな環境に置かれるとは夢にも思っていませんでした。

電力会社のような大企業で、このような前時代的な新入社員研修をしているのは非常に驚きでした。

 

今になって思うと、はじめに

この会社を辞めたい

と思ったのはこの新人研修からでした。